アジア

2024大阪アジアン映画祭〜食い倒れて映画三昧Day4

0407dramacity 今年はちょっとゆったりスケジュールにできたので、この日は昼間がフリータイムとなった。
朝9時半から大阪アジアン映画祭の台湾映画『トラブル・ガール』の靳家驊(ジン・ジアフア)監督のインタビューを終え、梅田へ向かう。
海宝直人のライブ「ATTENTION PLEASE!2」のチケットを、2日前に体調不良で断念した方からお譲りいただけたのだ。
この公演はもちろん東京でも行われたのだけど、うかうかしているうちにチケットゲットの機会を逃していたため、シアター・ドラマシティで見られることになったのはとても嬉しい。

写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

Continue reading "2024大阪アジアン映画祭〜食い倒れて映画三昧Day4"

|

2024大阪アジアン映画祭〜食い倒れて映画三昧Day3

0403museum この日は短編映画から始まった。
会場は中之島美術館。
堂島川と土佐堀川に挟まれた細長い中州のエリアにあり、メイン会場のABCホールから橋を渡ればすぐの所にある。
今回は短編映画を3〜4本組み合わせたプログラムが5つあるのだが、他の映画とのスケジュールの関係で、この日3つのプログラムを集中して見ることにした。
会場の中之島美術館はモネ展開催中なので、午前中の早い時間からかなりの人出だ。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

Continue reading "2024大阪アジアン映画祭〜食い倒れて映画三昧Day3"

|

2024大阪アジアン映画祭〜食い倒れて映画三昧Day2-後編

0326oaff 以前の大阪アジアン映画祭では"目指せ中華圏ゲストコンプリート!"と盛り盛りに取材を入れていたので、忙しくてろくにご飯の時間もとれないようなスケジュールだった。
取材の為には事前にリサーチと学習が必要で、まぁ、これは映画祭の前にある程度できるが、インタビューの質問を作るのは映画を見てからでないとできない。
映画鑑賞と取材をうまく合わせるようスケジューリングするのは、映画祭の有能な広報担当さまのお力だ。
こちらはそれに合わせてどこでどうやってご飯を食べるか、睡眠時間を確保するかが課題だった。

Continue reading "2024大阪アジアン映画祭〜食い倒れて映画三昧Day2-後編"

|

2024大阪アジアン映画祭〜食い倒れて映画三昧Day2-前編

0319oaff 私が大阪アジアン映画祭を好きなのは、暉峻創三プロブラミングディレクターの選択眼によるバラエティに富んだ上映作品群はもちろんだが、運営に関わる方々の優秀さと温かさによるところが大きい。
毎年変わらない主要スタッフの皆さん、ずうっと続けていらっしゃるからこその積み上げた経験と知見、これはとても大事なことだ。そして、皆さん有能でお人柄が素晴らしい。
一年に一度だけど、「今年もよろしくお願いします」と、とびっきりの笑顔で迎えてくれるのが、本当に心地よい。

 

Continue reading "2024大阪アジアン映画祭〜食い倒れて映画三昧Day2-前編"

|

4年ぶりの台北1〜値上げと円安は辛いが5000元当たった!

1208haneda1 4年ぶりに台北に行ってきた。
たまったマイルで特典航空券の空席待ちをしていたのだが、期限までに復路が取れず、結局普通に航空券を購入せざるを得なかった。スーパーバリューでもコロナ禍前の2倍という高値、このご時世だから止む得ないか。
それに台北のホテルも軒並み値上がりしている。
それまで2600〜2800元で泊まれていたいくつかの定宿が軽く3000元を超え、休前日などは4500元だ。
これでも3ヶ月前に予約したので、直前だったらたいへんな値段だろう。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

Continue reading "4年ぶりの台北1〜値上げと円安は辛いが5000元当たった!"

|

CDを売る〜その4 香港モノのほうが台湾モノより高値傾向

0312cd さきほど最後の査定額の連絡が来て、CDとDVDとのお別れが決定した。
そして私の部屋はすっきりと片付いた。
ベッド下の収納は空っぽ、"売らない"及び"売れない"CDとDVDは三連スライド棚にきちんと収まり、余裕さえある。
仕事柄SAMPLE盤が多いことに改めて気づき、保存しないものは申し訳ないが解体して分別ゴミにして処分した。
業者さんのほとんどがSAMPLE盤は買い取り不可で、手順を示した説明の中に「送らないように」と注意書きもある。

※写真はクリックすると別ウィンドウで拡大表示します

Continue reading "CDを売る〜その4 香港モノのほうが台湾モノより高値傾向"

|

ブラックスーツの陳柏霖(チェン・ボーリン)

0628borlin「アバウト ・ラブ /関於愛(クワァンユーアイ)」の会見に行く。
セルリアンのボウルルームというから、でかい!大丈夫か…と思ったら、半分に仕切られていた。(^o^)
壁際まで立ちがぎっしりといういい感じになって、なかなかいい読み。
伊東美咲、塚本高史、加瀬亮という日本人キャストねらいのスポーツ紙やテレビが多いのかも。
でも、個別は陳柏霖(チェン・ボーリン)に集中しているという話だったものなぁ。
その陳柏霖、初のスーツ姿で登場。華流はやはりブラックスーツで決めるか!身長もF4と同じ180cmだし。
しかしタイも黒というのはどうかなぁ。葬式じゃないんだから。(^o^)
だけど靴は黒のスニーカー。劉徳華(アンディ・ラウ)じゃないんだから。ははは。

Continue reading "ブラックスーツの陳柏霖(チェン・ボーリン)"

|

陳怡蓉(タミー・チェン)邱澤(ロイ・チウ)ふたたび!!

0505dorianF4に続いて来日したのが、またまたのDorianチーム。
今回は何潤東(ピーター・ホー)抜きの陳怡蓉(タミー・チェン)邱澤(ロイ・チウ)王宗尭(グレゴリー・ウォン)劉智豪(トニー・リュウ)、新たに加わった王建隆(スタンレー・ワン)というメンバーだった。

Continue reading "陳怡蓉(タミー・チェン)邱澤(ロイ・チウ)ふたたび!!"

|

「雪狼湖」とF4祭り

snow-jacky香港に来ています。
目的は「雪狼湖」。
この名作ミュージカルが再演されるというニュースを聞いてから、絶対に見ようと決めていた。
張學友の香港オリジナルミュージカルで音楽はディック・リー、初演は見ていないけど、サントラを聞いてだけで大感動したのでね。

Continue reading "「雪狼湖」とF4祭り"

|

イ・ビョンホン

0407byonhonイ・ビョンホンの会見取材に行って来た。
またまたものすごい事になるだろうし、朝早いからあまり気が進まなかったけれど、やはり押さえておかねばならぬ韓流ビッグスター。

Continue reading "イ・ビョンホン"

|